実は初コラボ?!福山雅治とコナン 映画『名探偵コナン ゼロの執行人』

歌手で俳優の福山雅治の新曲「零 -ZERO-」が、映画『名探偵コナン ゼロの執行人』(4月13日公開)の主題歌に決定しました!

「名探偵コナン」とは今回がなんと初タッグ!

「主題歌のオファーをいただき大変光栄です。と同時に、歴史あるコナンの世界に音楽で参加させていただくことに身の引き締まる思いです。

 それぞれのキャラクターが持つ深い背景、世界が直面しているリアルタイムの危機、謎解きの伏線と回収、その秀逸さにいつも感動しております」とコメントを寄せました。

劇場版22作目となる同作は、東京サミットの会場を狙った大規模爆破事件を発端に、探偵であるコナンと公安警察が真っ向衝突するストーリー。私立探偵・黒ずくめの組織・公安警察のトリプルフェイスを使いこなす謎の男・安室透がメインキャラクターとして登場します。

福山自身が脚本を読み込み、同作の世界観を追求して主題歌を書き下ろしました。

「真実を追求するものと己の正義を貫く者、それぞれの信念が激突する今作を主題歌で表現できればと思っています」と語るなど、“コナンと安室のバトル”というテーマに寄り添い、映画の世界観が色濃く反映されています。

主題歌を使用した最新予告編映像も解禁され、コナンくんも「すっごくカッコいい曲です!」とお気に入りの様子!

「映画のストーリーに寄り添って作ってくれているし、熱や体温を感じさせる曲でとっても感動しました! しかも『真実はいつもひとつ』を歌詞に入れてくれていて本当にありがとうございます!」と感謝!

「きょうは福山さんと一緒に写真を撮れてうれしいです。みんなに自慢しちゃおうと思います!」と喜んでいました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする