【実は定番?!】冬の方がアイスが売れるし美味い件!

冬なのにアイスを美味しそうに食べてる人けっこういますよね!

個人的に「寒いのによく食べられるな」と思っていたのですが、意外に「冬にアイス」は定番みたいですね。

98.4%の人が「冬にもアイスを食べたい」と回答!

 

 森永乳業は、2016年の10月に全国の20~60代の男女(計1074名)を対象に、アイスクリームに関する意識調査を実施しました。

 その結果、「冬にアイスクリームを食べたいか」という質問に、なんと98.4%の人が「食べたいと思う」と回答したのです。

 今や「冬アイス」は性別、年代を問わず浸透しているようで、なかでも20代の男性、20~30代の女性では「すごく食べたいと思う」が最多回答となっており、とくに若い世代で「冬アイス」が定着していることが分かります。

暖かい部屋でゆっくりと味わうのが「冬アイス」の定番

 

 冬にアイスを食べたくなる最も多い回答は、「部屋が暖かいから」という実は単純な理由なのです。

 アイスが一番売れる時期には温度が大きく関係していて、最もアイスが売れる温度は22度~27度位と言われています。

 30度を越えるような猛暑の時には、アイスよりも冷たい飲み物などが人気となる傾向があります。

 部屋に暖房があるのが当たり前の時代になってきたため、外がどれだけ寒かろうが室内はアイスを食べるのに最適な状態、ということなのです。

実は夏より冬の方がアイス向きなのかもしれない、と思うデータもあります。

人がアイスを食べたいと思う気温は大体25℃で、22~23℃を超えるとアイスの売れ行きが伸びるといわれています。

参考:アイスが一番おいしい気温は、脳が一番働く気温だった!? 

一年の中で、22~25℃になる日はそう多くありません。

夏場のオフィスの推奨温度は28℃設定で、
アイスの適温より暖かめですね。
COOL BIZ / 環境省

一方冬場のオフィスの推奨温度は20℃前後で、
アイスの適温に近いです。
WARM BIZ / 環境省

また、夏と異なり冬に食べるアイスはすぐ溶ける心配がないので、ゆっくりと味わって食べることができる。それも冬にアイスを楽しむ人が増えている理由のひとつなのだそうです。

余談ですが「冬アイス」が定番化したのは、人気バラエティー番組の『マツコの知らない世界』にて紹介されたことをきっかけなんだとか!

色々と書いてきましたが、冬にアイス?って思ってましたが、実は冬場の方が美味しく楽しくアイスが食べられそうですね。

買いに行かなくっちゃ!w

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする