“異常低温”に要注意?! 室内にいるのに「低体温症」急増?

ANNのニュースでやっててきになったんですが

異常な低温が続くなか要注意みたいです!

屋外で発症すると思われがちな低体温症ですが・・・

実は、自宅など室内での発症が急増しているようです!

連日の厳しい寒さで多くの人を悩ます手足の冷え。

ただ、それ以上にこの時期、怖い症状があります。

それは「震えが止まらない、ぼーっとする」といった症状です。

それはもしかしたら、低体温症の兆候かもしれません。

低体温症とは通常37度ほどに保たれている体の内部が35度以下になる状態のことです。

最悪の場合は死に至ることもある低体温症。

実はここ数年、熱中症よりも低体温症による死者数の方が多いようです。

約7割が屋内での発症!

低体温症の患者増加の背景に浮かび上がる高齢者の孤立化。

震えや寒さを感じたら室温を高くするのはもちろんのこと、手足を動かす、甘い飲み物で糖分を補給するなど体を暖かく保つための工夫が大切です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする