【必見!】「喉が痛い!」ネットで原因や対処法調べたらどれもだいたい同じだった件

喉痛い時よく調べてて、だいたい同じの出てきたから試してたけど
一つのサイト情報で判断するより何か納得して実践出来るから幾つか調べて
共通するところを実践するのがいいと思ったので記事にしてみました!

喉痛いときって何が原因?

痛みがひどい場合は、炎症を起こしている喉をなるべく休めることが大切。喉に刺激を与えるような食べ物は避けるようにしましょう。

  • 香辛料……トウガラシ、わさび、辛子、マスタードなど
  • 酸味の強いもの……酢、梅干、柑橘類など
  • 炭酸系飲料
  • アルコール
  • 熱すぎるもの、冷たすぎるもの……ラーメン、鍋料理、アイスクリームなど
  • 味の濃いもの

最後の「味の濃いもの」とはどういうことかと思った人もいるかもしれません。「味の濃いもの」は味付けに主に食塩を多く含んでいます。「傷口に塩をすり込む」という言葉がありますが、喉が腫れているところに食塩たっぷりの食べ物が通過しようとすると、腫れている部分に刺激を与え、痛みが生じる恐れがあります。味の濃いものも避けた方がよいでしょう。

喉の痛みは主に

「炎症」

「乾燥」

http://kenkokampo.com/body/throat/5937/

喉が痛いと感じたら「炎症」してる可能性があるみたいです。

喉の痛みを抑えるには?

■はちみつ
はちみつは上述の大根はちみつの材料としても使われていますが、はちみつをなめるだけでも効果があります。マヌカハニーなども炎症を抑えるため、効果があると言われています。

https://allabout.co.jp/gm/gc/471907/

はちみつの主成分は果糖とブドウ糖です。カリウムやビタミンB₂を含むビタミンB群、有機酸などを含んでいます。ビタミンB₂によって粘膜の機能を助ける効果が期待でき、刺激を避けたい喉にやさしい食材です。

<ユリ根のはちみつ煮(一人分)>

食材:ユリ根 一株/はちみつ 適量/水 50ml

  1. ユリ根をよく洗って一片ずつはがし、二分間下茹でする。
  2. 鍋に水とはちみつを入れてよく混ぜ、水を切った1を入れて弱火で五分間煮る。火を止めて冷ます。

http://menekiryoku-zemi.jp/article/045294/

過酸化水素という抗菌物質が含まれているので、殺菌作用抗炎症作用に優れています。

ウイルスや細菌による喉の炎症・喉の痛み・腫れなどを鎮める効果があります。

はちみつ

また、はちみつにはビタミン・ミネラルなどの栄養も豊富ですので、喉の痛みで体の免疫力が落ちているときも最適です。

  • そのままなめても良し
  • お湯・お茶・牛乳に溶かしてしても良し

はちみつは粘り気があるので、喉に長く留まってくれるのも食べやすいポイントですね。

※ただし、はちみつには微量に「ボツリヌス菌」という食中毒になる原因菌が含まれています。大人が食べても何の問題もありませんが、1歳未満の赤ちゃんには刺激が強いため与えないように注意してくださいね

厚生労働省指導ページはこちら

http://kenkokampo.com/body/throat/5937/

はちみつは殺菌効果があって炎症を抑える効果もあるみたい!

はちみつの他にも大根やショウガも喉にいいみたいですが、刺激が少ないって意味では「はちみつ」が一番良さそう!食べすぎや注意事項に注意は必要ですが、喉が痛いときは取り入れたいですね。

まとめ

喉の痛みについては様々なネット記事がアップされています。見てて思うのが「だいたい同じ内容だな~」ということ。違う点は記事の内容が濃いか薄いかの違いかな。めちゃくちゃなことを書いた記事はなかったので、喉が痛くなったら色々試してみよっとw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする