知ってた?目薬には最高の入れ方があった!!!

目薬に差し方があるの知ってましたか?
自分今まで知らずに適当に差してましたw
「めっちゃ適当に差してたわ~」って人はこれ知っとくといいですよ!

目頭押さえるのは常識?!

 

 眼科に行くと、眼科医から当たり前のように「目頭抑えている?」と聞かれ「知らなかった!」という反応が率直に語られていました。Twitter上でもこの様なツイートがあり、ツイートに対して1万以上のリツイートと、5千以上の「like」を集めているものもありました!

目薬の正しい差し方教えます!

目薬はただ差せばよい、わけではありません!

正しい差し方で行わなければ、期待するような効果が得られないことがありますので、ここでは目薬の正しい差し方についてご紹介したいと思います。

目薬を差す事前準備?!


せっかく目の症状に効く成分を点眼するのに、汚れたままの手で行ってしまったら、菌が入り込んでしまったり目薬自体を汚染してしまう可能性が高くなってしまいます。

そのため、目薬を差す前は必ず手洗いをして、手を清潔にする必要があります。

正しい目薬の差し方の順序や流れ


1. 目薬を手に持った方の反対の手の指で、下まぶたを軽く下に引っ張ります。

2. 目の中に目薬を入れます。

3. 目を閉じて目頭を軽く抑える、または1~5分程まぶたを閉じると、目薬が涙点から流れていかないため、目薬の効果が高まります。

4. 零れた目薬は、ガーゼやティッシュなどで拭き取ります。

これを実践すれば、もう目薬はばっちりです!w
是非効果的な方法で目を守りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする