予想外?!西島千博 バレエ・ストレッチは何故売れる?

「両手を胸の前に上げて、背伸びの運動から……」の台詞と共に流れるお馴染みのメロディーといえば?

そう!

誰もが一度はやったことのある懐かしの「ラジオ体操」です。

そんな日本人に愛され続ける伝統的な「ラジオ体操」と、バレエを構築する基礎でもある「ストレッチ」の二つを融合させたエクササイズ『バレエ・ストレッチ』をご存知だろうか!

美しいラジオ体操で、バレエな身体に!

ラジオ体操
毎朝の痩せ習慣にオススメ!『バレエ・ストレッチ』(3800円、 ポニーキャニオン)

「ラジオ体操」は、誰でも気軽に実践できる運動として現在でも多くの人に親しまれている体操ですが、DVDでは生のピアノと優雅なヴァイオリンの伴奏者を背景に、西島氏が優雅な白鳥のような動きで指導していきます。

誰の耳にも親しいあのメロディーが流れ出せば身体が自然と動き出すので、無理なく気軽に続けられるのがポイント。しかも、バレエを踊るように指先や足先まで意識を集中させ、優雅かつ大きな動きで「ラジオ体操」を行うことで運動量が増し、終わる頃にはじんわりと汗ばむほど。

昔を思い出し毎朝の日課にすれば、憧れのバレリーナのようなボディラインを手に入れることも夢ではないかも!?



踊るような「ラジオ体操」で代謝がどんどんアップ!

DVDでは、老若男女を問わず誰でも実践できる「ラジオ体操第一」と、第一より運動量を増やし体力・筋力を強化することにポイントを置いた「ラジオ体操第二」も収録されています。

このDVDは、当初、バレエの普及活動の一環として企画されたものだったそうですが、「音楽に合わせて体を動かすという点で、バレエとラジオ体操には共通点がある。誰もが知っている振り付けを家庭で楽しめるのがいい」と西島さんがひらめいたことから、この企画が実現したみたいです。

予想外の売れ行き!

発売元であるポニーキャニオンは正直、そんなに売れるとは思っておらず、初版は250枚だけだったそうですが、発売後1週目で1,000枚を受注し、担当者も相当あわてて増版したたようです!

そもそも、ラジオ体操ができたのは、1927年です。

その翌年から、「国民健康体操」としてラジオ体操の放送が始まりました。

かれこれ80年以上の歴史を持つ由緒ある体操なわけですが、イメージとしてはちょっと古くさい感じもしますよね。

しかし、同じ体操でありながら、「バレエ」とコラボしたことで、まるで全く新しいコンテンツとして生まれ変わったように流通し始めるのは、とてもおもしろい現象だと思います。

ラジオ体操も消費者が自由に選ぶ時代になったのかもしれませんね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする