木村文乃が多くの注目作品に出演出来るのか「わたしは補欠ヒロイン」?!

2006年にスクリーンデビューして以来、数々のテレビドラマや映画に出演してきた女優・木村文乃さん

もともと、表現力には定評があった木村だが、その女性的なルックスとは裏腹にサバサバとした役柄を演じることが多く、恋愛よりは、職業ものなどの作品で、その存在感を示すことの方が多かったような印象でしたね。

しかし、前述したように、近作では一人のキャラクターを非常に立体的に演じるアプローチ方法が目立つように感じられ、新作情報が入るたびに「次はどんな面をみせてくれるのだろう」とワクワクさせられる人も多いのではないか。


こうした部分を木村本人に聞いてみると、ここ1~2年で大きな心境の変化があったという。

その変化は「補欠ヒロイン」という自己分析からきているというのだ。

「補欠ヒロイン」とは具体的に木村の言葉を借りると

先に検討されているヒロインの方がいても、それぞれのキャリアの変化や製作環境の変化があって、わたしに出番の機会が回ってくる」という状況のこと。

数々の作品で主演やヒロインを務める木村の口からこうした言葉が発せられることは、

非常にセンセーショナルに感じられたが、

その真意を問うと、こうした状況になったとき

「自分が最初にヒロインに名前が挙がるようになりたい」と考えるのではなく、

「自身のできること、できないことをしっかり把握し、課題に向き合おう」

ポジティブな発想になったということです!

 以前は、求められる表現に対して、難しいと思うことはどこか「あきらめていた」という木村だが、最近では「できないというのは、やっていないだけ」と考えるようになり、女優としてのウイークポイントに対して新たなアプローチ方法で臨むようになったという。

こうした発想の転換が、自身の表現の幅を格段に広げ魅力ある女優として活躍できるのでしょうね!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする