ムーミン炎上?!お怒りの受験生も多いようで…

本格的な入試シーズンの幕開けとなる大学入試センター試験が13日、全国の695会場で始まりました!

「地理B」でアニメ「ムーミン」に関する問題が出題されたと、インターネット上で話題を呼んでいます。

どんな問題が出たの?

スウェーデンを舞台にしたアニメ「ニルスのふしぎな旅」を例に、ノルウェーとフィンランドを舞台にしたアニメについて、フィンランドに関するアニメと言語との正しい組み合せを4択から選ぶ問題。

アニメは「ムーミン」「小さなバイキングビッケ」の2択、言語はイラスト付で「ヴァ コステル デ(いくらですか?)」「パリヨンコ セ マクサー(いくらですか?)」の2択。

「ムーミン」の原作者はフィンランドの作家トーベ・ヤンソン。アニメは「ムーミン」を選ぶのが正解となるが、最初にアニメ化されたのは1969年。今の高校生には古いのかもしれない。

「北欧3国の位置関係で言語の推察はできたとしても、ムーミン=フィンランドは高校生にとって、どれほど浸透しているのか。センターで出すのは酷なような」と書き込む人もいました!



ムーミンが炎上気味?!

間違えたとみられる一部の受験生がムーミン公式サイトのツイッターアカウントに対し「絶対に許さない。今すぐ国籍をノルウェーに変えろ」「おまえ、ノルウェーだろ?」などと恨み節。ムーミンが炎上気味になっています。

「ムーミン」「センター地理」がツイッターのトレンドワードになり、反響!

これを受け、ムーミン公式サイトのツイッターは「ムーミンの舞台はフィンランドかノルウェーか…という問題がセンター試験で出て、お怒りのみなさんも多いようで…。まだまだ知られてないんだな、と反省、もっと知ってもらえるよう公式サイトも頑張ります!これを機にムーミンの世界について知ってもらえると、うれしいな」と粋なつぶやきをしました。

このように、ムーミン公式サイト側が理不尽なリプライに怒ることなく、素早く大人の反応をしたことについて、ツイッター上には「ムーミンも公式さんも悪くないです」「頑張って下さい…ムーミン大好きなので…陰ながら応援してます」いった温かい反応が出ていました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする