【人気急上昇】急上昇ワードトップの蘭州ラーメンってどんなラーメンなのか?

蘭州ラーメンとは

麺はかん水を使用したコシのある麺を使用し、コシのない柔らかい麺を使用することが多い中国の他の麺とは一線を画している、麺の太さは素麺ほどの細いものから幅5センチメートル以上の平打ち太麺までさまざまである。

清真料理のひとつであり、一般に中華料理で多く使用される豚は一切利用しない。

蘭州市内には 3,000 軒以上の蘭州牛肉麺を出す店が存在しており、通りによっては飲食店の半分以上が蘭州牛肉麺を出す店であることもある。現在では中国全土で蘭州拉麵を出す店を見ることができる。蘭州では牛肉麺と呼ぶ。牛肉拉麺と呼ぶことも多い。店頭の目立つ場所で麺を手で伸ばすところを見せる店舗も多い。

スープの薬味にコリアンダー(香菜)などのハーブが使用される事も多く、苦手としている人は抜いてもらうなど注意が必要である。蘭州など甘粛省の本場で提供されるものは、スープの上に香辛料を加えた辛い油を加えることがほとんどであるため、スープの表面が真っ赤になることが多い。外国人である場合は香辛油を大量にかけて良いか聞かれることもある。それに対して本場以外で提供されるものは香辛油を掛けないことも多く、スープそのものの色が見えていることが大半である。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%98%AD%E5%B7%9E%E6%8B%89%E9%BA%BA

どんな特徴があるのか?

蘭州ラーメンは特徴は「一清二白三紅四緑五黄」といわれ、5つの色が大切です。
一清「スープは澄んだ(清湯)であること」
二白「大根」
三紅「辣椒(唐辛子油)」
四緑「スープにパクチー(香菜)、葉にんにくなどを入る」
五黄「麺が黄色がかっていることを表している」
などの特色があります。

どこで食べれるの?

今では有名になり、主要都市ならお店も出店が相次いでいるようですね。

その中でも日本初のお店が神保町にあります!

100年以上の歴史と伝統がある老舗蘭州ラーメン店

「馬子禄(マーズルー)牛肉面」です。

http://lanzhou-lamian.com/

この店長は、大学時代を北京で過ごし、現地で食べた蘭州ラーメンの虜に。帰国後、日本で蘭州ラーメンが食べたくても、蘭州ラーメン屋がないので、開業しようと一念発起し本場の馬子禄(マーズルー)にて所業を積んだそうです!

海外の人にも人気?

この前朝の情報番組の「ZIP」にて外人の方が「蘭州ラーメン」を食べていましたが、美味しそうにしていましたね。

ヘルシーで健康志向の方にもあっさりとしたテイストがうけるようだ!

薬膳やパクチーが苦手という方にはおすすめはできないが、一度は食べてみたい蘭州ラーメンいかがだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする